税理士に任せる理由

税務は会社経営を左右する永遠の課題です。起業後しばらく経って事業が落ち着いたあとで顧問税理士をつけようと考える経営者様もいますが、そのときには会社の税務がめちゃくちゃになっていることは少なくありません。最適な節税対策を実現する方法は、会社設立時に税理士へ相談することだと言えます。

会社設立時、あらかじめ税務検討と諸手続きをしていないと、本来支払わずに済む税負担が発生します。節税対策を知らなかったため、数百万円単位で税金が発生していた可能性があるためです。その原因は、経営者様が節税方法を知らずに事業を営んでいたことが挙げられます。

たとえば、利益が出ているのに目の前のキャッシュフローが悪く、節税対策できないケースも珍しくありません。会社設立に強い税理士なら、このような状況でも最適な方法で節税できる可能性は高いです。

初年度はどうしても目の前の業務に集中しがちです。しかし、利益を出すための努力だけでなく、手元から離れてしまうお金に目を向けることも重要でしょう。税理士が初めから関わった状態で会社設立すると、このような問題を抱えずに済みます。少しでも節税したいと考えている人は、ぜひ税理士に相談してください。