税理士による会社設立

会社設立は悩み事がたくさんありますが、そのひとつが税務上の問題です。税金は会社が利益を上げれば上げるほど金額が大きくなる仕組みなので、なるべく節税を行いたいと考える経営者様は多いと思います。そこで、会社設立時から税理士事務所へ相談することが大切です。

もし、設立時点で税理士が参加していると節税に関するさまざまな対策を計画してくれます。自分で設立した人の場合、本来支払わずに済む税金を払ってしまっていたということもあるかもしれません。設立当初はキャッシュフローが原因で節税できないケースもありますが、税理士がいたらうまくやりくりできていることも多いです。しかし、経営者様が自分で勉強するのは時間を無駄にしてしまうため、税理士に任せることをおすすめします。

設立後についても併せて考えておくことが大切です。税理士が初年度の帳簿から管理している場合、継続的な経営分析がしやすく、アドバイスもしやすいでしょう。しかし、税理士を付けずに自分たちで管理していると、いざ税理士に頼んだときにまずは整理から始めなければなりません。もし、会社設立から依頼していたらこのようなトラブルは起きないはずです。

では、会社設立に強い税理士とはどのような人物でしょうか。法律上の面から考えると、司法書士事務所を兼務していると安心です。また、得意な業種が自社の事業と合致していると、依頼もしやすいでしょう。

当サイトは、会社設立を税理士がサポートすべき理由についてまとめました。会社設立を検討中の経営者様。ぜひ一度、当サイトをご覧いただければ幸いです。