税理士の探し方

法律上、税理士は会社の法人登記を行うことができません。会社設立を税理士に任せるとありますが、単に税理士が登記を代行するとトラブルが発生します。では、どのような方法で税理士が会社設立をサポートするのでしょうか。よい税理士事務所との出会い方と併せてご紹介します。

一番手堅い税理士事務所の探し方は、司法書士事務所を兼務するところを選ぶことです。法律上、司法書士は会社の法人登記の代行を認められています。そのため、税理士・司法書士事務所と看板を掲げている場合、安心して依頼することができるでしょう。

さらに、会社設立に強い税理士事務所を探すポイントは、自社の業種に対する専門性の有無です。税務上、税理士は誰でも決算書を読むスキルを備えています。しかし、決算書が示す指標の優劣は業種によって大きく異なるため、判断する目があるかはわかりません。たとえば、IT企業と製造業では原価がまるで違うため、初回相談時に得意な業種を持っているかどうかを尋ねてみるのもよさそうです。

会社設立を決意したあと、税理士事務所への相談はできるだけ早めに開始してください。自社の業種に強い税理士事務所に出会えれば、税務上はうまくいく可能性も高くなるでしょう。

設立後も安心

事業が順調に進んできた段階で顧問税理士をつける場合、初年度から税理士に出会うまでの貸借対照表や損益計算書の内容が、税務上悪いケースも珍しくありません。これは、プロが担当しているわけではないので仕方ないことです。しかし、無駄な税金を払い続けていたことに違いはありません。会社設立時から税理士が担当していたら、このようなトラブルは防げていたでしょう。

会社設立時に税理士のサポートを仰ぐメリットは、そのまま会社の成長を継続的に見続けてくれることです。会社設立当初から、節税しやすく経過観察も十分にできている会社は、信頼に足る帳簿ができていると考えられます。まったく税務上の対策していない会社と比べ、過度に税金を払わされたり税務署が突然来たりするリスクも低くなるため、経営者様としても安心かもしれません。

また、会社設立直後から経営状況を見続けている税理士は、会社に対して最適なアドバイスをしてくれます。自分で帳簿を管理しているため、経営分析がしやすい状態なのです。会社設立直後から同じ税理士に任せていると、事業が成長したあとから税務で焦ることなく、経営者様がやるべき業務に注力し続けることができるのではないでしょうか。

税理士に任せる理由

税務は会社経営を左右する永遠の課題です。起業後しばらく経って事業が落ち着いたあとで顧問税理士をつけようと考える経営者様もいますが、そのときには会社の税務がめちゃくちゃになっていることは少なくありません。最適な節税対策を実現する方法は、会社設立時に税理士へ相談することだと言えます。

会社設立時、あらかじめ税務検討と諸手続きをしていないと、本来支払わずに済む税負担が発生します。節税対策を知らなかったため、数百万円単位で税金が発生していた可能性があるためです。その原因は、経営者様が節税方法を知らずに事業を営んでいたことが挙げられます。

たとえば、利益が出ているのに目の前のキャッシュフローが悪く、節税対策できないケースも珍しくありません。会社設立に強い税理士なら、このような状況でも最適な方法で節税できる可能性は高いです。

初年度はどうしても目の前の業務に集中しがちです。しかし、利益を出すための努力だけでなく、手元から離れてしまうお金に目を向けることも重要でしょう。税理士が初めから関わった状態で会社設立すると、このような問題を抱えずに済みます。少しでも節税したいと考えている人は、ぜひ税理士に相談してください。

税理士による会社設立

会社設立は悩み事がたくさんありますが、そのひとつが税務上の問題です。税金は会社が利益を上げれば上げるほど金額が大きくなる仕組みなので、なるべく節税を行いたいと考える経営者様は多いと思います。そこで、会社設立時から税理士事務所へ相談することが大切です。

もし、設立時点で税理士が参加していると節税に関するさまざまな対策を計画してくれます。自分で設立した人の場合、本来支払わずに済む税金を払ってしまっていたということもあるかもしれません。設立当初はキャッシュフローが原因で節税できないケースもありますが、税理士がいたらうまくやりくりできていることも多いです。しかし、経営者様が自分で勉強するのは時間を無駄にしてしまうため、税理士に任せることをおすすめします。

設立後についても併せて考えておくことが大切です。税理士が初年度の帳簿から管理している場合、継続的な経営分析がしやすく、アドバイスもしやすいでしょう。しかし、税理士を付けずに自分たちで管理していると、いざ税理士に頼んだときにまずは整理から始めなければなりません。もし、会社設立から依頼していたらこのようなトラブルは起きないはずです。

では、会社設立に強い税理士とはどのような人物でしょうか。法律上の面から考えると、司法書士事務所を兼務していると安心です。また、得意な業種が自社の事業と合致していると、依頼もしやすいでしょう。

当サイトは、会社設立を税理士がサポートすべき理由についてまとめました。会社設立を検討中の経営者様。ぜひ一度、当サイトをご覧いただければ幸いです。